話題

天皇かわるたびに祝日は増え続ける?平成おわると現天皇誕生日12/23は平日に?

各年号ごとに天皇の誕生日はそれを祝って「国民の祝日」となります。

昭和天皇の誕生日は「みどりの日」として今も残っています。このまま天皇が変わるたびに祝日は増えていくのでしょうか平成が終わると現天皇誕生日12月23日はどうなるのでしょうか

本記事ではその辺りを調査しまとめました。

かぷ
かぷ
祝日が増えるのは普通にうれしいけどね

 

明治・大正・昭和の天皇誕生日は今も残ってる?

明治天皇の誕生日は11月3日「文化の日」

大正天皇の誕生日は残っていない

昭和天皇の誕生日は5月4日「みどりの日」

かぷ
かぷ
なんで大正天皇の誕生日は残ってないんだろう

※実際には昭和天皇の誕生日は4月29日ですが、色々あり現在は5月4日「みどりの日」として残っています

こちらの記事で詳しく説明していますので興味がある方はどうぞ!

【永久保存版】ゴールデンウィーク(GW)の仕組み|各祝日の意味も徹底解説!

 

 

明治・昭和の天皇誕生日は残っていて、大正は残っていないのはなぜ?

明治・大正・昭和の順に見ていきましょう。

明治天皇

明治天皇は、激動の明治時代を乗り切り日本を近代国家に育てた偉大な天皇であり、その栄誉を称え国民が「年号変更後も祝日として残してほしい」という運動をしたため11月3日は「文化の日」として今も残っています。

かぷ
かぷ
明治天皇は国民が運動を起こすほど慕われていたんですね。。

 

大正天皇

大正時代は15年と短く、特に国民の運動もなかったため祝日は残っていません。ちなみに大正天皇の誕生日は8月31日でした。

かぷ
かぷ
まあ15年なら残らないか

 

昭和天皇

昭和時代は63年間と長く、長い間祝日だった4月29日が平日になるのは嫌だという国民の強い主張で、日付は変わりはしましたが5月4日「みどりの日」として残っています。

 

かぷ
かぷ
要するに国民の主張次第ってことか

 

 

文化・みどりと名前が変わっているのはなぜ?

「文化の日」や「みどりの日」と名前が変わっているのは、二重権威となるのを避けるためです。つまり1つの時代に天皇が2人存在してはいけないということですね。

 

 

平成がおわって新たな年号へ

平成天皇誕生日12月23日は平日に?

平成29年12月21日に政府は、年号変更後は12月23日を当面の間は平日にすると発表しました。

しかしこの発表で菅官房長官は「12月23日を平日にするのか、新たな国民の祝日にするのかは国民各層の幅広い議論が必要だ」ともコメントしています。

かぷ
かぷ
今のところ12/23は平日になりそうだが、国民の主張次第でワンチャンスってとこか。

 

次の天皇誕生日はいつ?

次の皇太子徳仁親王の誕生日は2月23日です。来年は2月23日が国民の祝日になります。

かぷ
かぷ
2月の祝日は、2/11 建国記念日と2/23 天皇誕生日の2つになりますね!

 

あとがき

今回調べてみて、年号変更後に旧時代の天皇誕生日が祝日として残るかどうかは国民の動き次第ということが分かりました。ただ、明治天皇の誕生日はその功績をたたえて祝日として残りましたが、昭和天皇の誕生日は祝日が減るの嫌だから!って理由で残ったのが面白いですね。現時点では平成天皇の誕生日12月23日は平日になってしまいそうですが、国民全員の力を合わせて是非休日として残したいものです(笑) 菅官房長官も国民全員との議論が必要だとコメントしていますし。12月23日の祝日は年末感を高めてましたしなくなると寂しいです。今後の政府の動きに注目ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました!