映画

『二ノ国』感想| “命を選べ” ではなかったな。

映画『二ノ国』さっそく見てきました!この映画 宣伝見て気になってたんですよね~

 

設定がおもしろい

二ノ国の一番面白かったポイントはやはり設定ですね。

異世界にもう一人の自分がいて、その自分とは命がつながっているという設定

宣伝でこの設定をみて面白そう!と思って見に行きました。

ストーリーもこの設定をよく活用していて面白い話だったと思います。

 

ストーリーのテンポが良かった

ストーリーが次々と進んでいき、話のテンポが良かったです。

飽きる時間がなく最後まで見れたのは良かったと思います。

最初に二ノ国(異世界)にワープしたとき、ここで色々起こって最後に現実世界に戻って終わりかな~なんて思ってたら、結構な回数、現実世界との行き来をしてました。

 

最後おどろかされた(ネタバレ)

このパートはネタバレするのでこれから見る予定の方は見ないでください~^^

最後の最後でおどろかされました。

普通に油断してましたね。

まさかユウとハルが同一人物だったなんて。

最後の最後でたくさん考えさせられました。やってくれるぜ。

これを知ってから2周目見たら色々気づくんだろうななんて思いました。

この驚きで『二ノ国』の僕内評価上がりました(笑)

 

もうちょっと演出よくできたのでは

少し気になったのが、演出・・・。

なんていうか、ワクワクするシーンがほとんどありませんでした。

ドキドキハラハラするシーンも。

ファンタジーの異世界ものなら、もっとワクワクさせてほしかったですね。。

 

そして声優がなかなか、酷かった。

ユウはまだよかったのですが、ハルとコトナが・・・。

棒読みに感じるシーン多々ありました。

アフレコ始めたてであろう、序盤のシーンなんかは特に・・・。

宮野守と梶裕貴も出てたので、そこの安定感でなんとかなってた感がありましたね。

 

「命を選べ」ではなかったな

『二ノ国』のトレーラー映像で「命を選べ」ってワードを押してましたが、中身は全然違いましたね。

命を選べっていうのは、ハルが世界の設定を勘違いして、アーシャを救ったから、コトナが病気になったって思った、あそこの話だと思うんですが、

あくまであれは、ハルの勘違いで実際の世界設定とは違いますので、それをトレーラーで推すのはどうかと思いました。

映画観終わった後にトレーラー見返したんですが、やっぱり違和感(・・:)

 

以上『二ノ国』の感想でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

かぷ
かぷ
最後びっくりしたのでちょっと高めに(↓)

個人的評価:★★★★★★★(7/10)