ゲーム

非純正プロコンは本当に大丈夫?安心して使えるお勧めモデル2つを紹介【Switch】

非純正プロコンの安心して使えるお勧めモデルを紹介します。非純正プロコンを買おうと思っているが「どれを買おうか迷っている方」「ちゃんと使えるか心配な方」は参考になる内容だと思います。

 

参考

はじめに参考として、純正プロコンの「充電時間」と「稼働時間」を書いておきますね。

★充電時間:6時間

★稼働時間:40時間

純正プロコンは「定価6980(税抜)」と値段は高いものの、内臓バッテリー性能はとても高いです。

これから紹介する「非純正プロコン」の充電時間と稼働時間も記載しますので、参考にしてください。

 

非純正は本当に大丈夫?

非純正プロコンがちゃんと使えるか心配な方」は多いですよね。

そんな方のために最初にはっきり答えておきます。

非純正プロコンのほとんどはちゃんと使えます。普通に性能が高いものが多いです。

ただ、中には「不良品の多いモデル」も存在するので、しっかり選ぶ必要があります。

 

お勧めモデル2つ

非純正プロコンは、似たような値段で、種類がめちゃめちゃ多く、正直どれを買っていいか分かりませんよね。

当記事では、その中から厳選したお勧めモデル2つを紹介します()

Chayoo Switch Proコントローラー(NFC機能が欲しい方向け)

ECHTPower Switch Proコントローラー(NFC機能はいらない方向け)

NFC機能とは「amiibo(アミーボ)を読み込む機能」のことです。

 

これら2つを選んだ「選考基準」は下記です。

ボタン配置が純正プロコンと同じ

ZRZLの形状が純正プロコンと同じ

握りごこちが良い

充電端子が純正プロコンと同じ(Type-C

 

より詳しく説明するとこんな感じ。

✓ボタン配置について

方向スティックが純正プロコンと同じ「左上&右下」にあるモデルを選考しました。非純正プロコンの中には「左上&右下」や「左下&右下」に方向スティックがあるものもあります(↑参照)

ZRZLについて

ZRZLの形状が純正プロコンと同じく「大きいもの」を選考しました。非純正プロコンの中にはZRZLが「横長で細い」ものもあります(↑参照)。これはSplatoonやフォートナイトのようなシューティングゲームをプレイするならとても重要ですね。

✓握りごこち

非純正プロコンの中には「大きさが小さすぎるもの」や「底面の形状がボコボコしててキニナルもの」など、握りごこちが悪いものがあります(↑参照)。そのようなモデルは選考から排除しました。

✓充電端子

充電端子が純正プロコンと同じ「Type-C」のものを選考しました。Type-Cには「裏表関係なく接続できる」や「今まで使ってた純正プロコンのコードを流用できる」などのメリットがあります。

当記事で紹介する2つのモデルは「これらの条件を満たしたもの」ですのでご安心ください。

もちろん双方「ジャイロ機能」も搭載してるのでSplatoon2などのゲームも快適にプレイできますよ。

それでは、2つのモデルをそれぞれ解説します。

 

Chayoo Switch Proコントローラー

NFC機能も搭載した「ほぼ純正プロコン」というモデルです。純正プロコンにできる事は基本的に全てできます。

amiiboを使う方」「初めてプロコンを買う方」なんかはこちらですね。

値段はAmazon価格で「3899(税込・送料無料)」です(現在)。後に紹介する「NFC非搭載モデル」よりはNFC機能の分ちょっと高いですね。

バッテリー性能はこんな感じです。

★充電時間:2-3時間

★稼働時間:10-12時間

Amazon評価も5段階評価中「4.7」でかなり高いので安心ですね(59件のレビュー)。

 

ECHTPower Switch Proコントローラー

こちらは、上述した「ほぼ純正モデル」からNFC機能だけを抜いたモデルと考えて頂いて大丈夫です。NFC機能以外は同水準です。

amiiboを使う予定のない方」はこちらですね。

値段はAmazon価格で「2999(税込・送料無料)」です(現在)。NFC非搭載の分少し安いですね。

バッテリー性能はこんな感じです。

★充電時間:2時間

★稼働時間:10時間

Amazon評価も5段階評価中「4」で非純正プロコンの中ではかなり高いです(136件のレビュー)。

 

まとめ

こちらの2モデルを紹介しました。

下記の基準で選びましょう。

amiiboを使いたい方、一応amiibo機能欲しい方

Chayoo Switch Proコントローラー

amiiboを使う予定のない方

ECHTPower Switch Proコントローラー

 

非純正プロコンは、バッテリー性能面で純正プロコンに劣りますが、10時間は持つので1日は遊べますね。「毎日充電」を癖にしましょう。

 

それでは良いゲームライフを。