映画

『ワンピーススタンピード』感想|ド迫力の映像に大興奮!

劇場版『ワンピーススタンピード』見てきました!迫力満点の戦闘シーンに終始興奮しっぱなしでした!

特典もらえました

先着300万名がもらえる数量限定の「ONE PIECE」コミックス-巻壱萬八捨九-もらえました!本映画は8/9(金)上映開始で、僕は8/12(月)に見に行ったのですが無事もらえました。

コミックの中には、本映画内の各キャラクターの衣装の詳細や、本映画の敵役の「ダグラス・バレット」「ブエナ・フェスタ」の紹介などが載っていました。

かぷ
かぷ
見た目がワンピースのコミックの薄いバージョンで、ワンピースの漫画を1巻から集めてる方なんかは絶対に欲しい代物でしょうな

 

ド迫力な映像

本映画を見て、印象に残っていることはやはり、“ド迫力さ“です。戦闘シーンの迫力が凄まじく、終始興奮しっぱなしでした。

特に敵役のバレットの圧倒的強さを見せるシーンなんかはド迫力で、こんな相手に勝てんの!?って感じでした(笑)

かぷ
かぷ
語彙力の無さが足を引っ張り、感じた凄さをお伝え出来ないのがもどかしい・・・。

僕は、トレーラーを見て、この映画を見たいと思ったのですが、トレーラーから想像する期待を裏切らない大傑作でした。ちなみにこのワンピーススタンピードのトレーラー上手ですよね~。伝えたいことを的確にドストライクで伝えてくる感じ。映画上映前に流れるいろいろな映画の宣伝の中でも、トップクラスに秀逸なトレーラーだと思いました。

 

シンプルなストーリー

本映画のストーリーはとてもシンプルで、かつ良質なストーリーでした。戦闘面での敵は圧倒的な強さを誇る元ゴールドロジャー海賊団のバレットひとりで、そこにワンピースオールスター軍団で立ち向かっていくという、単純な戦闘シーンながらも大興奮の戦闘シーンでした。

最後に、ルフィが大秘宝ワンピースの有りか「ラフテル」への道筋を示すローグフォースを壊し、「まだまだ楽しい冒険が待っている。近道してちゃもったいない。」と言ったセリフは、すごく良いセリフだな~って感心してました。

 

戦闘シーンの尺の長さ

本映画は、ストーリーがシンプルなことで、戦闘シーンの尺がかなり長めだったと思います。バレットとの戦闘シーンが始まった時は、「え、マジ?もうここから戦闘シーンなの?!」って思ったのを覚えています。この戦闘シーンの長さが、映画観終わった後の「ド迫力だった」という感想に直結してるのだと思います。

 

大量の登場キャラの絶妙な見せ方

 本映画では、ワンピースの主要キャラ全員出てきたんじゃねーの?ってくらい登場キャラが多かったです。

ですが、戦闘シーンの尺が長くとられていたおかげで、全登場キャラがしっかり見せ場を作っていました

 

ぜひ映画館で!

今作は、シンプルなストーリーでかつ、戦闘シーンの尺が長いので、ぜひぜひ映画館で見ることをお勧めします。上映期間終了後にDVDを借りてきて、家で見ても面白さ半減しちゃうと思います。

また、話もそこまで難しくないので最近のワンピースを知らない方でも十分楽しめると思います。実際、僕のワンピース知識も「魚人島編」あたりで止まっていますが、全然話についていけました。

 

グッズ

映画鑑賞後、映画館内に設置してあるUFOキャッチャーで「大きなルフィぬいぐるみキーホルダー」GETしました!!

さらにその後ゲームセンターで「ローのフィギュア」GETしました!!

ガチャガチャ」もやりました!!

 

 

今作「劇場版ワンピーススタンピード」は劇場版ワンピース史上トップクラスの大傑作と言われているので、まだ鑑賞していない方は是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。お勧めです^^ 最後までお読みいただきありがとうございました!

画像引用:ワンピーススタンピード公式トレーラーより

 

個人的評価:★★★★★★★★★(9/10)