ゲーム

【目標7コンボ↑】上級者向けのパズル上達講座【パズドラ】

さて、今回はパズル上達講座【上級編】です。

本内容を理解すれば「7コンボ↑」を安定して狙えるようになります。

 

初級編】、【中級編】はこちらです。

【目標3~4コンボ】ガチ初心者向けのパズル上達講座【パズドラ】ガチ初心者向けのパズル上達講座です。本記事読了後は「3~4コンボ」は安定して組めるようになると思います。初心者でも絶対に分かるように書くので、ぜひじっくり考えながら読んで欲しいです。...
【目標5~6コンボ】中級者向けのパズル上達講座【パズドラ】さて、今回はパズル上達講座【中級編】です。本内容を理解すれば「5~6コンボ」は安定して組めるようになると思います。...
かぷ
かぷ

レベル別にどうぞ♪

 

今回のテーマはずばり「盤面の形を意識」です。

それでは行きましょう。

 

盤面の形を意識しよう

これまでの講座では

初級編」では、コンボを作りやすい「ドロップの塊」を「3~4個」見つけられるようになりました。

中級編」では、「端寄せ」を覚えて、盤面を無駄なく使えるようになりました。

しかし、これだけでは「7コンボ↑」はなかなか難しいです。

「7コンボ↑」を目指すには「盤面を″完全に″無駄なく」使う必要があり、

そのためには「縦5×横6」の盤面の形を意識する必要があります。

典型的な積み方」がありますので覚えておきましょう。

 

エルモア式

一番よく使われる積み方が「エルモア式」と呼ばれるものです。

こんな積み方です(↓)。

下2段は「」、その上は「」に並べていく積み方ですね。

完全に無駄なく」敷き詰められていますよね。

完全に敷き詰めることによって、最初は遠かったドロップも、「押し出され…押し出され…」で、最後は自然と近くに来る、というメリットがあります。

かぷ
かぷ

ちなみに、エルモアさんという方が考案した積み方なので「エルモア式」らしいです。

 

そしてこの積み方、「どこから積んでいくか」がかなり重要ですので解説します。

僕はこんな感じでやってます↓(違うやり方をする方もいると思いますが)。

① 基本的には「右側」or「左側」の片側から積んでいく。

② でも、できれば「横1,2段目作成時に、逆側の横1,2段目も作っておく

こんな感じで作ります。

 

でも、盤面の状況によっては、時間的に作るのが難しい時もありますよね。

そんな時は「半エルモア式」です。

 

半エルモア式

時間的に余裕がない時は、この「半エルモア式」を使います。

正直こちらの方が個人的にはよく使いますね。

やり方はこうです。

① 片側をエルモア式で作る

② 右側はアドリブで好きに作る

かぷ
かぷ

「半エルモア式」は個人的に勝手にそう呼んでるだけですので、友達には伝わらないかもです(笑)

 

エルモア式のコツ

3の倍数のドロップは持たない

エルモア式では、「3個ずつ」敷き詰めていきます。

ですので、ピッタリ「3個」や「6個」のドロップは持たないようにしましょう。

理想的には「4個」や「7個」などの「1余りのドロップ」を持ちましょう。

始める場所

エルモア式は必ず「4つ角のどこか」から始めます。

この時「最初の2コンボが作りやすい場所」から始めましょう。

最初の2コンボ以降は″ノリ“です(笑)

 

ここからはおまけです。

ぶっちゃけ9割はエルモア式を使いますが、「2wayパーティ」や「盤面状況」によっては、以下の積み方もありです。

 

2way用の積み方

2way用の積み方はこんな感じです。

エルモア式の「横1段ver.」ですね。

 

5個ドロップ用の積み方

5個」のドロップが多い場合は、エルモア式が難しいので、こんな積み方もありです。

 

参考にしてみて下さい^ ^

 

まとめ

完全に無駄なく敷き詰めよう!

★ 敷き詰めるには型を覚える必要があり「エルモア式」が万能。

 

というわけで今回は以上です。

それではまた。