ゲーム

【完全解説】ガチホコの勝率を上げるコツ24選【スプラトゥーン共通】

かぷ
かぷ

本記事では、ガチホコをプレイする上で知っておいた方が良い知識を“全て”まとめました。

本記事をしっかり読んで理解すればあなたのガチホコに関する知識は腕前Xと同等レベルとなります。

読み終えた後はプレイするだけです。

 

他サイトのガチホコに関する記事を読みましたが、部分的に説明している記事ばかりで、しっかり全てを説明している記事はありませんでした。

本記事ではスプラ廃人の僕が培った知識を基礎から応用まで全て解説します。いくつかのサイトを読み歩きするなら、本記事1本を集中して読むことをお勧めします。 

攻撃時・防衛時・テクニックの3項目に分けて計24選のコツをご紹介します。

 

✓ 本記事の内容

・ルール説明

・攻撃時のコツ12

・防衛時のコツ8選

・テクニック4選

 

ルール説明

ほとんどの方はもうご存知の内容だと思いますが、一応ルール確認しておきましょう。

基本ルール

・ホコを敵陣奥にあるゴールまで運び、近づけることができた分だけカウントが進む

・最終的にカウントを進められたチームの勝利

・ゴールにホコを運ぶことができたらその時点でノックアウト勝利

・5分経過後 負けているチームがホコを所有している場合は、「ホコ持ちが倒される」or「負けチームが逆転する」まで延長戦が行われる

ホコ持ちの制約

ホコ持ちの行動には以下の制限がかかります。注意しましょう。

・メイン攻撃がホコショットになる

・サブウェポン使用不可

・スペシャルウェポン使用不可

・イカ速度低下

・ホコを手放すことはできない

・一定時間で大爆発する

 

それではここからガチホコのコツを24選紹介していきます。「攻撃時」、「防衛時」、攻撃防衛時に分類できない「テクニック」の3項目に分けて説明します。

攻撃時のコツ12選

まずは攻撃時のコツを紹介します。すべて必須知識ですのでしっかり頭に入れておきましょう。既に知っているものに関してはサラッと読み飛ばしてください。

攻撃①:ルートを覚えよう

基本中の基本ですが、まずはガチホコのゴールの位置を確認しましょう。

そしてガチホコのゴールまでのルートは何通りかあり、状況に応じて最適なルートを選択する必要があります。散歩で確認してからガチマッチに行きましょう。

欲を言えば、各ルートのどこまで行ったら何カウントになるのかも知っておくと良いです。

とはいえ、スプラ2ではルートによるカウントの稼ぎやすさの偏りが減ったので、日々のプレイでなんとなく意識しながら覚えておく程度で良いでしょう。

攻撃②:ホコを持つタイミング

ホコを持つタイミング、それは敵4人を倒しきれると判断したときです。

ホコを持つのは早ければ早いほど良いですが、早すぎて敵の残党に潜伏キルされては敵に復活の時間を与え、せっかくの有利状況を振り出しに戻されてしまいます。

具体的なタイミングとしては、敵が2人以上落ち 残りの敵の位置もだいたい知れた時に持つのが良いでしょう。

攻撃③:まずはある程度のカウントを稼ごう

まずはある程度、具体的には40程度でいいのでカウントを稼ぎましょう。

カウントを稼げてないのにいきなりタッチダウンを狙うを狙いに行くプレイヤーをたまに見かけますが、突れば確実に40は稼げていた状況で、結局60止まりで終わったりしてて非常にもったいないです。

カウントを稼げていないときの攻めは高望みせずにその状況に応じたカウントを手堅く稼いでおきましょう。このカウントが以後の試合で相手へのプレッシャーになります。

攻撃④: カウントは命をかけて稼ごう

ホコでは命がけで稼いだカウントが重要となります。

例えばモズク農園の右奥の関門は道も狭く、圧倒的に防衛有利です。しかし、命大事に死なないように関門の手前で戦っていては、中途半端なカウントしか稼げません。

終盤戦で敵が死に物狂いでカウントを稼ぎに来たときにあっさりリードされてしまいます。

死んでもいいから一瞬道をこじ開けるくらいの意気込みでいましょう。

攻撃⑤:関門はスペシャルでこじ開けよう

防衛有利の敵陣でカウントを進めていくためにはスペシャルの存在が非常に重要となってきます。

逆にあなたがホコ持ちだった場合は、味方のスペシャルに合わせて突っ込むとカウントをガッツリ稼げます。

攻撃⑥:ホコの前で戦おう

ガチホコでは、いかにホコの前で活躍するかがカウントを稼ぐことに繋がります。後ろで戦っていても全然有効キルにならない他、ホコも守れません。(敵の裏取りをケアしてあげることは重要ですが)

逆にあなたがホコを持った時は、カウントを稼ぐ一瞬以外は 味方より前に行かないように意識しましょう。

攻撃⑦:ホコ持ちが通るルートを塗ってあげよう

雑で良いのでホコが通る道を塗ってあげましょう。

ホコショットは最短チャージで撃ってもかなり遅いです。途切れ途切れでもよいので道を塗ってあげれば稼げるカウントに大きな差が出ます。

あと、ゴールの壁を塗ってあげるのも大事です。ノックアウト勝利できたのにゴールの壁が塗れていなかったばかりに勝ち切れないことがよくあります。

攻撃⑧:必ずホコの周りで戦う

ホコを気にせず、自分勝手にただ見つけた敵と戦うのはNGです。それだけで状況は実質3vs4です。

また、ホコがまだ80カウントラインにいるのにいきなりリスキルに行くのもNGです。必ずホコがゴールを目指す際に邪魔となる敵を適切に倒して行きましょう。

ホコという王を全員で協力してゴールまで導いてあげるのです。

攻撃⑨:ホコ置き去りに注意

ホコ防衛成功→敵全滅→ホコバリア割る

このあと誰かがホコを持つだろうと4人全員でホコを放置して攻めに行ってしまうことが結構あります。これはとても危険で抜けてきた敵にホコをかっさわれて可能性があります。

できればSPが溜まっていない方が持つのが良いですが、誰も持っていないことに気づいたときは自分が持つことで勝率が安定するでしょう。

攻撃⑩:ホコショット結構強いので多用しよう(使いすぎ注意)

ホコショットは射程がそこそこあり、爆風範囲も広く、塗りも強いため 結構多用すると強いです。

ホコショットのコツとしては、“直撃を狙うこと”です。直撃を当てても一撃では倒せないのですが、敵の足を取れるので次の爆発で倒せます。これがかなり強い。

ただ撃ちすぎには注意しましょうね。カウントを稼ぐ場面ではしっかり突っ込むことが大事です。

攻撃⑪:プレッサー持ちを優先してキルしよう

上手いプレイヤーにハイパープレッサーを撃たれると、ホコ持ちはほぼ確実にやられます。プレイに余裕があればプレッサー持ちをキルすることを意識しましょう。

まあプレッサー持ちはだいたいの場合スーパージャンプ時間短縮ギアを積んでて、キルするのは難しいんですけどね(苦笑)。

相手にプレッサー持ちがいる場合は先にリードしておきたいです。

攻撃⑫:プレッサー発動されたときの対処法

ガチホコでのプレッサーが強いことは対前提なんですが、できる対処法を以下に書いておきます。

ホコ持ちは光るので、その居場所は全プレイヤーに筒抜けです。ですが、ホコ持ちがインクに潜っている間はその光は消えます。プレッサーを避ける時はなるべくインクに潜った状態をキープしましょう。避けれる可能性がグッと上がります。

また、プレッサーはリスポーンに帰って安全な位置から撃たれることが多いです。ですが、このリス帰りプレッサーに対応できるSPがあります。それはプレッサー、ジェッパ、マルミサです。

相手がプレッサーを準備してるのが分かった時は、上記のSP持ちの方は準備しておきましょう。

防衛時のコツ

次に防衛時のコツを紹介します。攻撃時のコツ同様 すべて必須知識ですのでしっかり頭に入れておきましょう。既に知っているものに関してはサラッと読み飛ばしてください。

防衛①:ホコから先に倒そう

ホコを倒すと、再度ホコ生成~ホコ割りの時間を稼げます。

その間にこちらの体制を整えることができますので、絶対にホコから先に倒しましょう。

また、ホコ以外の敵と相打ちをするのはこちらにとってマイナスポイントです。ホコ持ちを倒さない限り敵の攻撃は止まりませんからね。

防衛②:基本的に潜伏キルしよう

ホコでは潜伏キルが重要となります。

敵全員がホコ持ちを守っている中で、ホコ持ちをキルしなければいけないですからね。それとホコショットが強いので、けん制ばかりしていたらジリジリと不利状況になります。

潜伏して射程圏内に入ったら一気に刈り取りましょう。

防衛③: SPを溜めてからのキル狙いも有効

敵が中央一体を制圧していて潜伏キルできそうにない状況では、SPを溜めてからキルを狙いに行きましょう。

やはりホコショットが強いので、丸裸メイン一本でキルを狙いに行ってもなかなか難しいでしょうな。

防衛④:防衛強ポジションを覚えよう

ガチホコではステージごとに防衛しやすい防衛強ポジションが存在します。

ホコが通るルートとのアクセスが良く、ホコが来たタイミングで飛び出し、潜伏キルを狙えるポジションです。逆に言うと、自分の攻撃時に相手にいられて嫌なポジションが防衛強ポジションですね。

少し高度なことを言いますと、よく使われる防衛ポジションは敵もケアしてきますので、バレやすかったりします。上級者の方は、試合の中で「あ、ここバレにくくていいな」って思った自分だけの強ポジションを見つけていくのも良いでしょう。

防衛⑤:先の展開を読む

ホコでは先の展開を読むのが凄く重要です。

もちろん先の展開を読むことは全てのルールで大事ですが、ホコに関しましては、早めにホコをキルできるという利点があります。

また早めに潜伏ポジションに入っておくことでよりバレずにキルできるという利点もありますね。

とはいえ、先の展開を読むスキルは、経験を積んで身に付けるしかないです。とりあえずは知識として知った上で、試合数をこなしていきましょう。

防衛⑥:全滅は避ける

攻めていてもホコがやられたその先も考えておきましょう。

カウントを取るために4人全員で突っ込む作戦も良いですが、それは最初の一回まで。既に20~30のカウントがあるなら、常に1人は生き残っておきたいです。

全滅すれば一気に相手のターンになりますからね。

防衛⑦:敵のホコルートは塗り返しておく

相手の攻撃後は、ザっとで良いので相手のホコルートは塗り替えしておきましょう。

次の相手の攻撃時に時間をかけさせられます。

壁を塗るのもとても大事です。上るときにひと手間かけさせられると、その間にキルできることが多いです。

防衛⑧:ラスト1分

リードしているときに、ラスト1分を切ったら最後の攻防に備えSPを溜めておきましょう。

1つでもSPがあれば、格段に防衛しやすくなります。4人全員がSPを溜めていればもう勝ったも同然ですね。

テクニック4選

最後に攻撃時・防衛時に分類されない、知っておいた方が良い知識(テクニック)を紹介します。

テク①:ホコ持ち逃げ(有利時)

ラスト30秒、カウント20取ってリードしているとき、相手の勝利の芽を完全に積むために、ホコ自陣まで持ち逃げするという作戦は状況によっては有効です。

ただ、自陣でやられてホコを取られると、その時点でカウントリードとなる危険な行為なので、自陣に抜けている敵が完全にいないことを確認してからやりましょう。

また相手にプレッサー持ちがいる時にやるのは危険ですので注意しましょう。

テク②:ホコ持ち逃げ(ヘイト)

初動で味方が3人落ち1vs4の状況。一人残った自分は可能であれば、ホコを持つことで、味方の復活の時間を稼げます。この動きは高度なヘイト稼ぎで、これをするには状況判断能力が必要になります。

ヘイトについてもっと詳しく知りたい方は【必須知識】ヘイトという概念について【スプラトゥーン共通】も読んでおくと勝率アップに繋がると思います。3分程度で読める記事です。

テク③:初動ホコ割り

基本的に、ガチホコの初動はホコ割りに参加しましょう。

ホコ割りに勝てると、塗りとSPポイントを回収できます。ホコの爆発で敵を何人か落とせるかもしれません。

このときの注意点として、ホコ割りに負けたときのことも考え、ホコ爆発の圏外からホコ割りに参加しましょう。

ですが、編成を見て絶対に割合に勝てないと判断したときはホコ割りは最初からあきらめ、敵をキルすることに専念すると良いです。例えば、対物ギアの有無、ローラーはホコ割り弱い、ボールド スパッタリー お風呂 チャージャーはホコ割り強い等。上級者は編成も見ると良いですね。

またホコ割りに魅力がないステージもあります(エンガワ等)。状況に応じて立ち回りを変えましょう。

テク④:ホコバリアをすぐに割らない判断

ホコバリアはすぐに割らない方が良いときがあります。

それは「味方が落ちていてホコを持っても進められないとき」です。

このような状況ではホコを割って持っても敵にあっさりキルされてしまいます。味方に守られながら撃つホコショットは強いですが、1vs1の状況ではホコショットは機動力不足で弱いですからね。

 

今回は以上です。

 

腕前Xを目指す全プレイヤーへ

「X」を目指すために必要な知識を基礎から応用まで全てまとめました。当記事を読んでおくことで、最大効率で腕前UPを狙えます。すべて無料公開しています。

» 【完全上達ガイド】Splatoon2腕前Xを目指す全プレイヤーへ【これだけ読もう】

 

グッズ・関連商品

【たくさんある!】グッズ・関連商品まとめ【スプラトゥーン2】スプラトゥーン2の「グッズ・関連商品」をまとめました。ゲームはお金のかからない趣味です。足りないアイテムがあれば買い足しましょう♪...

プロコン

プロコンを迷わず買い替える4つの理由【Switch・PROコン】本記事では、プロコンを迷わず買い替える4つの理由をまとめました。今現在プロコンを買おうか迷っている方の背中を押しますよ♪...
【グリスで故障対策】プロコンの左スティックから白い粉【Switch・PROコン】本記事では、プロコンの左スティックの故障、その特徴、グリスでの対策方法についてまとめました。プロコンから白い粉が出ている方は必見です。...